小川紀美代(バンドネオン)×歌舞伎昌三(舞踏)

終了しました。

『光と影が交錯する、今宵月の宴』

f0009805_1272821.jpg




!!!!開演時間、開場時間訂正があります!!!!18:00開演(17:30開場)です!!!!

舞踏家・歌舞伎昌三さんが体調不良のため、出演できなくなりました。そのため内容が変更になります。

〔詳細決定〕

ライブ当日は、昌三さんとゆかりのある三名のミュージシャン、アーティストが参加します。
川内次郎(タブラ)
松村志郎(vocal,guitar)
来島友幸(映像)

どうぞ、お楽しみに!



小川紀美代(バンドネオン)

11/25(日)
18:00開演(17:30開場)
前売・予約 ¥2,500/当日 ¥3,000/らふと会員 ¥2,000

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
アーティストプロフィール
小川紀美代(おがわきみよ)バンドネオン奏者

日大芸術学部卒。ほぼ独学で奏法を学んだ後、2001年単身ブエノスアイレスに渡り、フリオ・オスカル・パネ氏に師事。現地ライブハウス、ホテルなどで演奏、ラジオや新聞で紹介されるなど歓迎を受ける。2003年には、アルゼンチン最大の音楽祭「コスキンフェスティバル」に日本代表として出演する。2005年、大阪市とブエノスアイレス市の友好親善使節の一員として、大統領府博物館ホールほか4箇所の公式コンサートに参加し、好評を博す。2007年、バンドネオンソロアルバムのリリースをきっかけに、コンテンポラリーダンスや映像、現代美術作品とのコラボレーションに積極的に取り組むほか、幅広いジャンルのミュージシャンとのレコーディングにも参加している。国内外でも数少ない、女性奏者。
リーダーアルバムとして「Tango Passion」(2001年),「Junta Brava」(2003年),「Tangoroid」(2006年2月),「月ノ光」(2007年4月8日)をリリースして
いる。

歌舞伎昌三(舞踏・パフォーマンス)・・・体調不良のため出演はありません
1961年三重県亀山生まれ。10代後半より東京にて映画製作を始める。二十歳の頃、舞踏と出会う。二十代半ばより反原発運動、民族問題、環境問題、先住民文化など様々なムーブメントに深くかかわる。1996年、食とアート、そして人と人を繋げる場所、月の庭を始める。たくさんのミュージシャン、舞踏家、社会活動家などあらゆるジャンルを超えた人の集う場所として、今も活発に活動中。2004年、10月、身体に変調をきたす。検査結果は膀胱ガン。医師には即入院、即手術を薦められる。また放置した場合、早くて1年、よく持って2年の余命宣告を受ける。が、しかし、自身はもう一つの方向としての代替医療、手術をせずに民間医療で治していくことを決意。まずは、からだとこころに向き合うことから始める。2005年、5月。舞踏家としてのデビューを果たす。43歳にしてのデビューであった。以後、精力的に舞踏活動を展開。素晴らしい出会いと共に、様々な場所、また様々なミュージシャン、DJたちとのコラボレーション多数。デビューから一貫してその踊りのテーマには生と死がある。細胞レベルで、刻一刻、展開される生と死のダイナミックなそして静寂な時間。精神と肉体が織りなす一瞬一瞬の動き。光と影。舞踏は静かに緩やかに進化の円環の中で突っ立っている。
◎これまでの主な共演者  
(ダンサー)玉野黄市、藤條虫丸、佐野真紀子、七感弥広彰、PAN・アメリカ、
(ミュージシャン)サヨコオトナラ、あふりらんぽ、山本公成、梅津和時、 細海魚、知久寿焼、滝本晃司、HONZI、矢野絢子、中ムラサトコ、 東京ナンガデフ、尾引浩志・倍音’S 、ソウル・フラワー・ユニオン、 ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、渋さ知らズ、他 
[PR]
by raftspace | 2007-11-11 12:10 | 小川×歌舞伎


オルタナティブスペース[RAFT]の日誌。企画のお知らせ、報告などをしていきます。


by raftspace

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

活動コンセプト
全体
企画
今後の予定
報告
スペース図面
スペース使用上の注意
機材表
アクセスマップ
周辺イラストマップ
連絡先
ホームページ
スペース利用料金表
スペース貸
コラボレーターの募集
スペース使用規約
そこにある身体シリーズ
井桁裕子個展
RAFTリーディングvol.2
小川×歌舞伎
山名たみえ×やまもとかずひさ
You Tube(映像記録)
2019年スケジュール
未分類

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

お気に入りブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
アート・デザイン

画像一覧