「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こどもと演劇2010 Part2 ニグリノーダ公演「赤桃」

f0009805_17535994.jpg


むかしむかし、あるところに・・・(ちがう、ちがう!)

いま、いま、たったいま!

ココにはたくさんの本がちらかっていて、
絵本の世界から、

赤ずきんちゃん、

桃太郎

飛び出してきた!
踊りだす!
おんぷと一緒に。ことばと一緒に。
のぞいてみよう! 参加しよう!

たったいまの、わたしたちの物語

:::::::::::::::::::::::::::::
ニグリノーダ 公演
『赤 桃』
:::::::::::::::::::::::::::::

2010 年 11 月 5 日(金)〜 7 日(日)
5日(金曜日)18:00
6日(土曜日)11:00/16:00
7日(日曜日)11:00/16:00
※開場は開演の30分前です
毎回、開場中にワークショップを開催!
きょう上演する、きょうだけのための舞台美術をつくります

■作・演出 立山ひろみ

■作曲・演奏 宮内康乃(つむぎね

■振付 福留麻里(ほうほう堂
 
■美術・出演 足立昌弥

■出演 松浦羽伽子

■チケット
○親子セット=¥3,000
(大人1名+こども1名のセットです。こども2名以上の場合はこども料金がかかります)
○4歳から小学生まで=¥1,000
○3歳以下=無料(おとなのお膝でご覧ください)
○一般=¥2,500
○学生(中学生〜大学・専門)=¥2,000

◎[ニグリノーダ]プロフィール
http://www.nigrinoda.jp/
パフォーマーの身体の動きや、音楽、空間、映像などの表現を担う要素ひとつひとつを丁寧に扱って、コトバ(台詞)だけ、物語だけに偏重しない新たな表現の可能性を模索している。

◎演出家:[立山ひろみ]プロフィール
1979年生まれ。東京学芸大学卒業後、04年劇団黒テントに入団。05年黒テント公演『帝国の建設者』(作:ボリス・ヴィアン)で演出デビュー。その他の演出作品にオペラシアターこんにゃく座公演『ガリバー』などがある。08年劇団黒テントを退団、09年ひとりユニット「ニグリノーダ」を発足し、第一回公演『楽園』を作・演出。10年9月『FAUST 2010 in Chino』(演出:串田和美)に、構成・学芸として参加。

赤桃のさらにくわしい情報は→

■お問合わせ先
電 話 03-3365-0307(らふと)

■予約フォーム
(とても小さな会場です。あらかじめご予約されることをおすすめします。)
右記URLをクリックで予約フォーム画面に行けます→
https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=23371

※受付開始、開場は開演の30分前です。
※メールでご予約の際は、件名を「チケット予約」とし、本文に「お名前・観劇日時・枚数・ご連絡先」をご明記の上お申し込みください。
※前売り予約の受付は公演日の前日23時までにお願いいたします。
※受付は開演の5分前までにお済ませください。5分前を過ぎますとご予約を頂いてもお席をご用意できない場合があります。

■企画・主催
〒164-0001東京都中野区中野1-4-4 TEL/FAX03-3365-0307
web www.purple.dti.ne.jp/raft

■後援
中野区教育委員会
■助成
中野区公益活動政策助成

こどもと演劇2010特設ページ→
[PR]
by raftspace | 2010-09-30 18:01

宮園保育園にてWS

f0009805_19594110.jpg



「赤桃」の演出家、立山ひろみさんが、宮園保育園にてワークショップを行いました。

宮園保育園では、この間、何度かフィールドワークをさせていただいています。
このフィールドワークは、立山さんから
「今回の公演では、子どもたちの様子や反応を直接感じながら演劇を立ち上げたい」
との要望があり、宮園保育園に協力をお願いし、実施することができました。

フィールドワークは4回ほど行い、
最終日に「桃太郎」と「赤ずきんちゃん」を子どもたちに描いてもらいました。

子どもたちは、たくさんのヘンテコで不思議な桃太郎と赤ずきんちゃんを描いてくれました。

きりんの赤ずきんちゃんや、触覚をはやした大きな手の桃太郎・・・
どの絵も生き生きとした桃太郎と赤ずきんちゃんでした。

これらの絵は、今回の公演の舞台装置の一部になる予定です。
どうぞお楽しみに!

今回のお芝居のタイトルは「赤桃」。
いま、たったいま!の
赤ずきんちゃんと桃太郎のお話です。

今回のフィールドワークで、
たくさんの「たったいま」に出会うことができました。

宮園保育園の園長先生をはじめ、職員の方々にはほんとにお世話になりました。
そして、一緒に遊んでくれた子どもたちに感謝します。

赤桃→公演情報

f0009805_20103452.jpg

f0009805_20102974.jpg


f0009805_2035716.jpg

[PR]
by raftspace | 2010-09-30 17:07

ICiT Dance Salon in RAFT参加者募集(締切延長しました!)

ICiT Dance Salon in RAFTの参加者募集ですが、当初の締め切りが過ぎたのですが、若干定員に満たないので、締め切りを延ばしました。
もしもご興味ございましたら、ぜひご応募ください(締め切り10/9)。

詳細は下記です。
不明な点などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

〜〜〜〜〜
ICiT Dance Salon in RAFTは、
独自の表現を追求し続けるダンス作家たちが、
しばし立ち寄る自由な交流の場です。
ICiT( -Independent Choreographers in Tokyo-)と
RAFTが共同で開催します。

今回、下記日程で、フリンジ公演を行います。
2010年12月23日(木・祝)~26日(日)

そのフリンジ公演の参加者を募集しています(締め切りが迫っています!)。

今回は、振付家に向けた「フリンジ for Choreographers」と
「フリンジ for Dancers」のふたつの枠があります。

ぜひ、募集要項をご確認いただき、どしどしご応募ください。

:::::::::::::::::::

f0009805_22174961.jpg


《開催期間》2010年12月23日(木・祝)~26日(日)

《会場》RAFT(中野区中野1-4-4 1F)

《スケジュール》
12/23(木)フリンジ公演1日目19:30開演
12/24(金)フリンジ公演2日目19:30開演
12/25(土)フリンジ公演3日目16:30開演/ICiTプロデュース・ダンスWS 19:00~20:30
12/26(日)フリンジ公演4日目16:30開演/ダンスサロン 19:00~22:00

「フリンジ」について
同時代のダンス作家の個々のオリジナリティーを尊重し、
その作品や活動を広く紹介していきます。
作品発表の場としての[for Choreographers]に加えて、
ダンサーのための踊り場[for Dancers]を新設します。

[フリンジ for Choreographers]
【参加費:1組4000円/募集定数:3組×4日間=12組】
30分以内の振付作品を上演できます。日時の調整、スタッフ分担などあります。
プレゼンテーション、プレ公演の機会を設け、
フリンジ本番にむけ作品をブラッシュアップすることができます。
プレゼンテーションは11/23(火・祝)、
プレ公演は11/27(土)11/28(日)を予定。

[フリンジ for Dancers]
【参加費:1枠1000円/募集定数:3枠×4日間=12枠】
フリンジの場をダンサーにも開放します。
1枠あたり持ち時間は5分以内。
ダンサーとして舞台に立ち、
観客と対峙する機会を有意義に活用して下さい。

その他、WS、サロン(交流会)もあります。
詳しいプログラムは、以下URLを参照ください。
http://www.ne.jp/asahi/no/sense/icit_info_j3.html

ご応募は下記注意事項をお読みいただき、
応募事項を明記の上、ICiTdance☆gmail.com(☆を@に変換)まで
ご応募ください。

:::::::::::::::::::

《注意事項》

◎「フリンジ for Choreographers」について、
作品上演のみの参加はご遠慮ください。プレゼンテーション、プレ公演(いずれも会場は世田谷区内のダンススタジオになります。)は参加必須です。会期最終日のダンスサロンについても積極的に参加して下さい。

◎上演時間についてはご相談させて頂く場合があります。

◎「フリンジ for Dancers」について、複数枠での参加も可能ですが、1日につき1枠までとなります。

◎照明機材、音響機材はシンプルなものしかありませんので、それらをふまえた内容でお願いします。「フリンジ for Dancers」については、途中操作のない音響と素明かりで上演可能なものとします。使用曲や振付については、著作権に十分留意して下さい。

◎公演のチケット料金は1枚1,500円での販売を予定しています。

◎公演の際の売上の一部(チケット売り上げ1枚あたり500円)を各出演者に還元します。チケットノルマはありませんが、集客にご協力ください。

◎この「ICiT Dance Salon in RAFT」は参加者が主体的につくりあげる企画です。宣伝など運営面での積極的なご協力をお願いします。


《サロン/フリンジ応募要項》

◆下記事項を主催ICiTまでメールにてお送り下さい。
(1)氏名(カンパニー名、ユニット名などがあればその名称も)
(2)連絡先(住所/電話番号/メールアドレス)
(3)経歴(ホームページをお持ちの場合はURLも)
(4)参加動機
◆「フリンジ」参加希望者は以下の項目についても合わせてお送り下さい。
「フリンジ for Choreographers]
(5)参加人数
(6)上演時間
(7)上演可能日
(8)スタッフ・ワーク可能日
「フリンジ for Dancers」
(5)参加人数
(6)希望枠数
(7)上演可能日

《フリンジ応募締切》10月9日(土)

:::::::::::::::::::

それではご応募お待ちしています。

ICiT http://www.ne.jp/asahi/no/sense/icit.html
RAFT http://www.purple.dti.ne.jp/raft/
[PR]
by raftspace | 2010-09-27 12:55 | 企画

DANCE NEST2終了しました。

DANCE NEST第2弾、終了しました。ご来場ありがとうございました!

第2弾の参加者は、入手杏奈さん、上本志保さん、さそうすなおさんの3名でした。

入手さんは、レッド・ツェッペリンなどの激しいロックサウンドに合わせ、身体を音の波に乗せていくようなダンスでした。身体能力の高さとあいまって、観ているものをぐいぐい巻き込んでいくような力がありました。

上本さんは、今回は振付に徹し、出演はしませんでした。4名の個性的なダンサーたち(鵜沼ユカさん、吉武香さん、笛木かなえさん、斉藤順子さん)を生かしながら、まるで悪夢のようなシュールな世界感の作品を上演。どこかコミカルで残酷な感じは、上本作品の特徴という感じがします。

さそうさんは、ダンスの立ち上がる瞬間を捉えようとする、実験的な試みをしていました。それは、自分自身に挑戦するような感じで、自分自身と向き合うような作品となっていました。

入手さん(84年生)、さそうさん(85年生)、上本さん(85年生)は、
ほとんど同世代のダンスアーティストです。
同世代ですが、三作品ともそれぞれ違ったタイプの作品でした。

今後、それぞれの表現を追求しながら、
強度を持った作品をつくりだし、
外に向かって表現を発信していってほしいなあと思います。

おつかれさまでした〜。
f0009805_1148314.jpg

[PR]
by raftspace | 2010-09-21 13:22 | 報告

今週末、DANCE NEST

DANCE/NESTは、若手ダンサーの創作を支援する企画です。

今回参加するダンサーは入手杏奈さん、上本志保さん、さそうすなおさんの3名の方々です。

f0009805_19363359.jpg
 

DANCE/NEST vol.2
入手杏奈+上本志保+さそうすなお

9月17日(金曜日)19:30
  18日(土曜日)15:00 / 19:30
  19日(日曜日)17:00

料金:予約¥2,000(当日:¥2,300)

会場:RAFT(中野区中野1-4-4 1F/03-3365-0307)
http://www.purple.dti.ne.jp/raft/

参加ダンスアーティスト

◎入手杏奈◎
Anna Irite
幼少よりクラシックバレエを学ぶ。桜美林大学在学中よりコンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。木佐貫邦子、森下真樹、浜口彩子等の振付作品をはじめ、数多くの舞台に出演。自身振付によるソロ作品の発表も行う。2009年より、まことクラヴ(遠田誠主宰)に参加。音楽PVや映像作品ヘの振付・出演など、幅広く精力的に活動中。


◎上本志保◎
演出◎Shiho Uemoto
武蔵野美術大学在学中に舞台に興味を持ち、軽い気持ちでパパタラフマラ舞台芸術研究所に入り身体表現にのめりこむ。田舎臭い。
出演◎
鵜沼ユカ/吉武香/笛木かなえ/斉藤順子


◎さそうすなお◎
Sunao Sasou
人前に立つようになった初期の頃は俳優でした。 様々な場に立つ中で、空間に身体が放り出される体験にぞっとし、以後ダンスに向かっています。2009年頃から黒沢美香&ダンサーズの活動に参加するなかで、自分のダンスの方法を見つけたい願望が膨れていき、この度「さそうすなお」の名で出発します。
[PR]
by raftspace | 2010-09-15 17:54

「おかわりおやさい」ご来場ありがとうございました!

f0009805_166195.jpg


プロジェクトこどもと演劇2010
たまごプリン公演「おかわりおやさい」無事終了しました。
たくさんの方々にお越し頂き、ありがとうございました!

なんでも一番じゃないとダメ!と思っている小学4年生のはたけみのる君が主人公。
そんなみのる君が、マラソン大会で道路からにょきっと生えていたピーマンにつまづき、
ビリになってしまうところからお話しははじまります。

歌好きのピーマン、占い師のナス、泣き虫の玉ねぎ、ピエロのトマト、トレーニング好きでココロも鍛えているにんにく、世話好きなにんじん、カメラマンのセロリ・・・さまざまな野菜たちと出会う中で、大切な捜し物を見つけていくお話しです。

競争や順番に関係なく自分が心から楽しいと思えるものの大事さ、そして、人を楽しませたり元気づけたりする気持ちの優しさを伝える芝居でした。なによりも、音楽、ダンスなどの素晴らしさを実感できる公演でした。

終演後のWSも野菜を使いました。目をつぶって野菜の匂いをかぎ、なんの野菜かをあてたり、手触りだけで野菜の種類をあてるゲームをしました。アスパラガスの匂いの意外性に気付いたり、トウモロコシの感触やカボチャの重さにビックリしながら、新鮮な感覚を味わいました。

たまごプリンの方々、ほんとステキな演劇をありがとうございました!

f0009805_16101734.jpg

f0009805_1612998.jpg


そして、この「こどもと演劇」企画・・・
11月はニグリノーダが「赤桃」を上演します!
そちらもお楽しみに!


::::::::::::

当日パンフレットの挨拶

◎演出家からのごあいさつ◎

本日は、こどもと演劇2010「たまごプリン」公演にご来場いただき、誠にありがとうございます。私達たまごプリンが日々追い求める料理とは、健康な心と身体、それをつくりあげるおいしい時間です。隠し味は隠れているのでわかりません。私達はいつもその隠し味がなんだったのかを忘れてしまいます。〈おとなは、だれも、はじめは子どもだった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない〉サンテグジュペリは「星の王子さま」の献辞にこう記しています。目には見えない大切な隠し味。その隠し味が何なのかをご一緒に探し出していただけたなら幸いです。

「こどもと演劇」私には「こどもto演劇toおとな」と言うふうにも読めます。 演劇を挟んでこども〜おとなへ。またおとな〜こどもへ。手紙のやりとりのような演劇。そんな時間になることを願って長いあいさつをおしまいとさせていただきます。

最後になりましたが、この公演を支えてくださったご家族、ご友人、スタッフ一同の皆様に感謝いたします。

鈴木拓朗




◎主催者からのごあいさつ◎

本日はご来場いただき、まことにありがとうございます。
この「こどもと演劇」という企画は、今回二回目となります。
昨年に引き続き、今年も開催できることを大変嬉しく思っております。

この企画を立ち上げるにあたって、二つのことを考えました。

一つは、子どもに向けているからこそ生まれる面白い表現、
そういった演劇を発信していくことです。

子どもたちに向けて何かを表現するとき、大人に通じるルールは通用しません。
ですから作り手はいつもとは違った感覚をつかい、
さらにはその感覚を研ぎ澄まし、創作に向かうことが求められます。

そのように表現されたものは、
表現のエッセンスがグッとつまったものになるのではないかと思います。
そこから、シンプルでありながら、深く力強い表現が生まれるのではないか、と思うのです。

そういった演劇を若手の劇団の方々に上演してもらい、
新鮮な演劇体験を、子どもたちはもちろんのこと、
大人の方々にも体験してもらいたいと思いました。
それが、この企画を立ち上げた理由の一つです。

そして、もう一つの理由は、RAFTの運営理念である
「演劇や音楽を通じて地域の人たちと繋がる」ということです。
地域の子どもたちや保護者の方々にRAFTに気軽に足を運んでいただき、
演劇の面白さを実感していただきたいと考え、
それには、この企画はピッタリなのではないかと思いました。

ですが、今回、この企画に取り組んでいて、
やはり地域の親御さんたちに足を運んでもらうことの大変さを感じました。
まだまだRAFTと地域の繋がりの弱さを感じています。

ただ、そんななかでも今回、区内の児童館2館にご協力をいただき、
ボランティア公演を行いました。
そのようなささやかな活動を通じて、演劇の面白さを広めていければと考えています。

鈴木拓朗さんのすてきな挨拶文に「隠し味」という言葉があります。
これを読んで、演劇や音楽、ダンスなどの表現文化も、
私たちが生きるこの世界にとって、そして私たち自身にとって
「隠し味」みたいものなのではないかと思えてなりませんでした。

その「ひと味」があることによって、
人生をより豊かに味わえたり、
社会に奥行きが出たりするのではないか。

この「こどもと演劇」という企画は、まだ二回目です。
これからも継続していくことで、
地域に、そしてこれから大人になる子どもたちに
演劇の面白さを根付かせていければなあと思っています。

長い長い挨拶になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。
どうぞ、ごゆっくりとお楽しみください。
[PR]
by raftspace | 2010-09-14 16:13

FOMALHAUTライブ・報告

先週は「こどもと演劇」の公演&準備で、
HOMALHAUTのライブの報告ができませんでした。
遅ればせながら報告です!

f0009805_14484179.jpg


FOMALHAUTは、いろいろなジャンルの音楽をミックスしつつ、
独自の世界をつくっています。
そして、一曲が1分という曲もたくさんあります。
その一曲一曲に、世界が凝縮しています。

例えば、9月5日のセットリストはこんな感じ。

鉛の声帯
日時計
ウラル
月舟
ニコシア
赤い空
プリズム
アルタイ
煙にまかれて
藪塚本町
赤道
六歳
昼の月
サハリン脱走囚
喝采

出アフリカ記
行徳まないた節
月見亭
邪宗
単玉一元論
早春賦
つみのうたごえ
ルーン疑問符
ソフシス(A)
あふろでぃしあす?
春と夏との
ヒキガエル
イスファハン/風媒
海へ。
鍵野


全部で30曲。
曲名だけで、なんだか、
ここではないどこかへ
行ってしまいそうです。

ヴォーカルの紫竹あかねさんは、
それらの世界感を豊かに表現します。
バンドメンバーもさまざまな楽器を使いながら、
世界をつくりあげていきます。

FOMALHAUTの音といっしょに、
さまざまな場所へ旅に出るような
2日間でした。

ありがとうございました!

f0009805_14482915.jpg

[PR]
by raftspace | 2010-09-13 14:46 | 報告

いよいよ今週末!「おかわりおやさい」

f0009805_20445171.jpg


いよいよ今週末に迫ってきました。

こどもと演劇2010第1弾
tamago PURiN公演「おかわりおやさい」。

昨日から仕込み&稽古に入り、
順調に仕上がってきています!

なんでも一番じゃないとダメ!と思っている小学4年生の少年が、
道路のアスファルトを突き破って成長してくる
個性的な野菜「ド根性野菜」たちと出会うなかで成長していくお話しです。
ダンス、音楽を取り入れた賑やかで楽しい舞台となっています。

いま、RAFTの床にはグレーのリノが敷かれ、
その上から白いラインがひかれ、
まるで道路のようになっています。
そして、衣装も照明もカラフルでとても楽しげです。

この企画は、若手の演出家・劇団が
子どもたちに向けて演劇を上演するという企画です。

子どもたちに向けて何かを表現するとき、
大人に通じるルールは通用しません。
ですので、作り手はいつもとは違った感覚をつかい、
さらにはその感覚を研ぎ澄まし創作に向かうことが求められます。

そのように表現されたものは、
表現のエッセンスがグッとつまったものになるのではないかと思います。
そこから、シンプルでありながら、
深く力強い表現が生まれるのではないか・・・と思うのです。

子どもたちには、この企画を通じて、
普段、学校や保育園・幼稚園、家庭では感じられない感覚を
カラダ全体で味わってもらいたいなあと思っています。

ということで、皆様、会場でお待ちしております。
ぜひお越しください!

f0009805_20445944.jpg


写真はtamago PURiNの面々です。
ちょっと、稽古疲れがにじみ出ていますが(笑)、
みんな楽しく準備をしています!

ご予約、お待ちしております!

tamago PURiN公演「おかわりおやさい」

■2010 年 9 月 10 日(金)〜 12 日(日)

10日(金曜日)18:00
11日(土曜日)11:00/16:00 /19:30
12日(日曜日)11:00 /16:00

■チケット
○親子セット=¥3,000
(大人1名+こども1名のセットです。こども2名以上の場合はこども料金がかかります)
○4歳から小学生まで=¥1,000
○3歳未満=無料(おとなのお膝でご覧ください)
○一般=¥2,500
○学生(中学生〜大学・専門学校)=¥1,500


■お問合わせ 03-3365-0307(らふと)

■特設ページ
http://www.purple.dti.ne.jp/raft/kodomo2010
[PR]
by raftspace | 2010-09-08 20:49 | 企画


オルタナティブスペース[RAFT]の日誌。企画のお知らせ、報告などをしていきます。


by raftspace

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

活動コンセプト
全体
企画
今後の予定
報告
スペース図面
スペース使用上の注意
機材表
アクセスマップ
周辺イラストマップ
連絡先
ホームページ
スペース利用料金表
スペース貸
コラボレーターの募集
スペース使用規約
そこにある身体シリーズ
井桁裕子個展
RAFTリーディングvol.2
小川×歌舞伎
山名たみえ×やまもとかずひさ
You Tube(映像記録)
未分類

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

お気に入りブログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
アート・デザイン

画像一覧