<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

FOMALHAUT Live 「のわけくさわけ」

f0009805_1382467.jpg


今週末、FOMALHAUTのライブをRAFTでおこないます。

FOMALHAUTは「風景についてうたう」バンドで、
独特な世界感を持った個性的なバンドです。

「うたの数だけ旅がある」・・・
ということで、夏休みに旅行した方も、どこにも行かなかった方も、
ぜひ、このライブで旅気分を味わっていただければと思います。

なんと、今回は2日間、全曲入れ替えとなっています。
両日とも、まったく別のライブ内容です。

DMも旅をイメージしたものになっています。
写真はバンドメンバーの高野さんが撮ったものです。

どうぞ、ごいっしょに夏の名残を楽しみましょう。

ご家族連れも大歓迎!

お待ちしております。


* * * *

− 「うた」の数だけ、旅がある−
風景について歌うポップス・バンド
FOMALHAUT Live 「のわけくさわけ」

2010年9月4日(土)・5日(日)
開場13:30 開演14:00
大人¥2,500 中高生¥1,500(小学生以下無料)
いずれもワンドリンクつき

会場 RAFT(中野区中野1-4-4 1F)

Vocal
紫竹あかね
Composed,Piano,Chorus,Ukulele,Djembe,Percussion etc..
酒井康志
Percussion
西としひで
Bass,Surdo,Pandeiro
松為伸夫
Guitars,Flute
神蔵治
Trumpet etc...
鈴木光介
Lyrics
高野竜

FOMALHAUT
http://sound.jp/fomalhaut_web/
[PR]
by raftspace | 2010-08-29 13:10

こどもと演劇2010「おかわりおやさい」

昨年に引き続き、今年も「こどもと演劇」をおこないます!

この企画は、若手の演出家/劇作家が
柔軟な感性で「こどもに向けた演劇」を上演するという企画です。

この公演を通じて、こどもから大人まで楽しめる
イメージ豊かな表現を発信していきたいと思っています。

第一弾は劇団tamago PURiNの公演です。
振付家であり俳優でもある鈴木拓郎が率いるカンパニー。
明るくパワフルでぐいぐい観客を物語の世界へ連れて行きます。

テレビでは感じられないライブ感を
ぜひこどもたちに感じていただければと思っています。

ご来場をお待ちしております!

f0009805_12203299.jpg


tamago PURiN公演「おかわりおやさい」

■2010 年 9 月 10 日(金)〜 12 日(日)

10日(金曜日)18:00
11日(土曜日)11:00/16:00 /19:30
12日(日曜日)11:00 /16:00

■ストーリー
あなたのすきなやさいはなんですか?きらいなやさいはなんですか?いろとりどりなやさいたち。今夜のこんだて「ど根性やさい 」!コンクリートを突き破り、アタマをだしたのなんのやさい?コンクリぐりぐりコンクール!きらわれモノの男の子…きらわれモノのやさいたち。出会って走ってマラソンだ!いっしょに走って競い合い、最後はみんなでビリッケツ!凸凹凹凸ひょろりんツルテン。 シャキシャキごっくんミルミルカラダ。一敗、一杯、いっぱい、いっぱい!

(※)ど根性野菜(どこんじょうやさい)とは、通常は畑などで食料として栽培されている大根などの一般的な野菜が突発的かつ非人為的に道路の舗装脇やコンクリートなどの僅かな隙間から自然に生えている現象の通称である。(wikipediaより)


■作・演出・振付
鈴木拓朗

■出 演
石井友樹 一平杏子 川越美樹 柴田千絵里 清水ゆり 中井沙織 本山三火 鈴木拓朗

■照明=山岡祐子

■音響=北原慎治

■チケット
○親子セット=¥3,000
(大人1名+こども1名のセットです。こども2名以上の場合はこども料金がかかります)
○4歳から小学生まで=¥1,000
○3歳未満=無料(おとなのお膝でご覧ください)
○一般=¥2,500
○学生(中学生〜大学・専門学校)=¥1,500

■会場  RAFT (東京都中野区中野1-4-4 1階)

◎[tamago PURiN たまごプリン]プロフィール
http://tamagopurin.jimdo.com/
個性溢れる「パフォーマンス集団たまご」と、振付家である鈴木拓朗率いる「chairoiPURiN」が手を組み、新たに結成された集団。色々な身体の使い方で、パワー溢れる表現を!ふんわりと心温まる時間を創ることを日々模索する。2010年2月せんがわ劇場第1回演劇コンクールにてオーディエンス賞受賞。

推薦●志賀信夫(舞踊批評家)
ディプラッツ「ダンスがみたい」新人シリーズ8で見て驚いた。パーカッシブな身体表現を独自に展開し、身体にこだわり、表現の意欲が舞台から溢れてくる。故大野一雄のいうように、「でたらめの限りを尽くして」、初めて何かが生まれる。その意欲をいま一番に感じられる、この若いグループに大いに期待したい。

■お問合わせ先
電 話 03-3365-0307(らふと)

■予約フォーム(とても小さな会場です。あらかじめご予約されることをおすすめします。)
右記URLをクリックで予約フォーム画面に行けます→ http://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=22156


※受付開始、開場は開演の30分前です。
※メールでご予約の際は、件名を「チケット予約」とし、本文に「お名前・観劇日時・枚数・ご連絡先」をご明記の上お申し込みください。
※前売り予約の受付は公演日の前日23時までにお願いいたします。
※受付は開演の5分前までにお済ませください。5分前を過ぎますとご予約を頂いてもお席をご用意できない場合があります。
※予約後キャンセルされた場合、チケット代をご負担していただきます。あらかじめご了承ください。

■制作
増坂由夏

■企画・主催
〒164-0001東京都中野区中野1-4-4 TEL/FAX03-3365-0307
web www.purple.dti.ne.jp/raft

■後援
中野区教育委員会

■助成
中野区公益活動政策助成

特設ページ http://www.purple.dti.ne.jp/raft/kodomo2010
[PR]
by raftspace | 2010-08-20 12:20

DANCE/NEST vol.2

f0009805_19363359.jpg


DANCE/NESTは、若手ダンサーの創作を支援する企画です。

今回参加するダンサーは入手杏奈さん、上本志保さん、さそうすなおさんの3名の方々です。

この企画では、参加ダンサーに6日間スペースを提供し、前半3日間でそれぞれの作品をつめていき、後半3日間で作品上演をおこないます。

この期間は、創作において充分な条件とはいえません。しかし現状では、このような時間をかけて作品づくりをすることも難しい状況にあります。創作環境の厳しい状況でもなお、表現活動をしているダンスアーティストたちに、少しでも良い条件で作品づくりをしてもらいたいと思い、この企画を立ち上げました。

RAFTは、とても小さなスペースです。そして設備も充分ではありません。ですが、既存のスタイルにとらわれない自由な表現を追求できる場です。この企画が若いダンスアーティストにとって、表現の可能性を見いだす場となることを願っています。

そして、RAFTに足を運んでいただく方々と、この小さな空間で自分たちが生きている世界の「広さ」「深さ」「面白さ」を発見していければと思っています。

どうぞみなさまのご来場心よりお待ちしております。

DANCE/NEST vol.2
入手杏奈+上本志保+さそうすなお

9月17日(金曜日)19:30
  18日(土曜日)15:00 / 19:30
  19日(日曜日)17:00

料金:予約¥2,000(当日:¥2,300)
とても小さな会場です。ご予約されることをおすすめします。

会場:RAFT(中野区中野1-4-4 1F/03-3365-0307)
http://www.purple.dti.ne.jp/raft/

参加ダンスアーティスト

◎入手杏奈◎
f0009805_19274372.jpg













Anna Irite
幼少よりクラシックバレエを学ぶ。桜美林大学在学中よりコンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。木佐貫邦子、森下真樹、浜口彩子等の振付作品をはじめ、数多くの舞台に出演。自身振付によるソロ作品の発表も行う。2009年より、まことクラヴ(遠田誠主宰)に参加。音楽PVや映像作品ヘの振付・出演など、幅広く精力的に活動中。


◎上本志保◎
f0009805_19273286.jpg













演出◎Shiho Uemoto
武蔵野美術大学在学中に舞台に興味を持ち、軽い気持ちでパパタラフマラ舞台芸術研究所に入り身体表現にのめりこむ。田舎臭い。
出演◎
鵜沼ユカ/吉武香/笛木かなえ/斉藤順子


◎さそうすなお◎
f0009805_1927361.jpg













Sunao Sasou
人前に立つようになった初期の頃は俳優でした。 様
々な場に立つ中で、空間に身体が放り出される体験にぞっとし、以後ダンスに向かっています。2009年頃から黒沢美香&ダンサーズの活動に参加するなかで、自分のダンスの方法を見つけたい願望が膨れていき、この度「さそうすなお」の名で出発します。 
[PR]
by raftspace | 2010-08-19 19:38

名づけることのできない仕事♯1終了しました

名づけることのできない仕事、終了しました。
ご来場いただきありがとうございます。

今回は、まさに名づけることのできないような表現を探求している、
3名のアーティストの公演でした。

小川水素さんは、腕の重さを「はかる」ことを通じて、「はかる」行為そのものを作品としました。はかる装置として、美術家の来島友幸さんが制作したシンプルな装置(透明チューブに水を入れ、そのチューブを滑車に通し、腕の重みを加えることによって、その重さぶん水が落ちるというもの)を使い視覚化し、さらに聴覚(滑車の廻る音、水が落ちる音)にも感じられるようなものとなっていました。

小川さんは一貫して身体の共通言語を探るという仕事をしています。小川さんは、ときに舞台上で観客に向かって、自分たちが行っている事を言葉で説明してしまいます。今回も、自分たちが行っていることを、箇条書きしたリストを観客に配り、自分たちが今やっていることを言葉として提示していました。それは、表現にとって危険なことのように思えますが(言葉で説明するなら身体で表現する意味がない的な)、しかし、そのことによって、より物語性や感情が排除され、観るものの知的な創造性を刺激することに繋がっていたように感じます。公演後のアフタートークで小川さんが「私にとって、公演のときに観客と対等な関係をつくることが大事」というようなことを言っていました。言語的に行為を説明することは、そのこととも繋がっているのだろうと思います。

池田拓実さんは、ラップトップミュージック(パソコンを使って音楽を演奏する)のミュージシャンです。普段ラップトップミュージシャンが演奏する姿というのは、パソコンに向かっているだけなので、あまり動きがありません。しかし、池田さんは、ラップトップミュージックの演奏を、パフォーマンスとして視覚的にみえる形に置き換えるような仕事をされています。

今回の公演では、テーブルの上にお椀やヤカンなど日用雑貨を用い、それらがたてる音や色、形をプログラムが関知し、それらをサウンドとビジュアルに置き換えるというようなことをしていました。そこから出てくるサウンドやビジュアルは、きっちり計算されたもののはずなんですが、どこかしらズレや手触りがあり、ラップトップやプログラミングという人口的なものが、池田さんの表現では有機的なもののように感じ、池田さんの存在感とともに、不思議なおかしみを醸し出していました。

川崎歩さんは、京都を拠点に活動されているダンスアーティストです。今回はこの企画に参加するために東京へお越し頂きました。川崎さんは映像作家ということもあり、映像を身体化するということをテーマとされています。今回は、ビデオ(DVDではなくビデオ!VHS!)の感触、記憶というものを作品化していました。

川崎さんのビデオの記憶(80年代の色彩、動き、スピルバーグやダイハード)が、川崎さんの感覚と身体を通り、不思議なイメージとして提示された作品でした。映像を身体として記憶し、振付けとして表現する、そこからはどこかで観たことのあるようなキャラクターや動きがイメージとして現れるような感じがしました。

小川さん、池田さん、川崎さん、それぞれやっていることはバラバラですが、表現において共通点を感じることができました。それは、それぞれの表現を他者と共有しようとするときに、これまでのイメージや感情などに頼らず、自らの方法で分かち合おうとするところだと思います。

その仕事は、やはり、名づけることができません。

この企画、今後も続けていきたいと思っています。

f0009805_175619.jpg

アフタートークの様子です。
司会は編集者の須川善行さんにおねがいしました。
作品のコンセプトや方法論についてぐんぐん迫る感じのトークとなりました。
左から池田拓実さん、川崎歩さん、小川水素さん、湯浅燈さん、坂本知子さん、そして進行の須川さん。

打ち上げ〜みなさまおつかれさまでした!
f0009805_11196.jpg

[PR]
by raftspace | 2010-08-17 01:12 | 報告

いよいよ今週!名づけることのできない仕事

f0009805_1326584.jpg


企画のお知らせです。
ちょうどお盆の時期に公演を行います。
東京に残られる方、東京へ遊びに来る方、
ぜひぜひお越しください!

今回3名のアーティストが参加。

まずは川崎歩さん、京都からRAFTに来てくれます。
映画の予告編とかを題材にパフォーマンスをする方です。
今回は別の作品を上演予定。

池田拓実さんは音楽家で、
あまりみたことがないような面白い仕事をしています。
参照→http://www.youtube.com/user/iqedat

水素さんは相変わらず、たんたんと我が道行っています。
http://suisoogawa.jimdo.com/
http://www.youtube.com/user/suisoogawa

というような感じで、ちょっと変わった「仕事」をしているひとたちの公演です。

今回企画名を「名づけることのできない仕事」としました。
これは、アーティストのやっていることを「仕事」としてきちんと言いきることが重要かなあと思い、この企画名にしました。

下記、企画の詳細です。

お待ちしています!
〜〜〜〜〜〜
f0009805_13261628.jpg


アーティストは作品を生み出すことが仕事です。
作品が生み出されるまでには、多くの日々と試行錯誤が費やされます。
その時間と労力の先に「作品」が成立しています。
それらの「仕事」は、個々のアーティスト、ひとつとして同じものはありません。
そして、その仕事に名前をつけることはできません。
この「名づけることのできない仕事シリーズ」では、
そんなアーティストたちの「仕事」を紹介していきます。
今回は、ダンスアーティストの小川水素と川崎歩、
そして、サウンドパフォーマーの池田拓実の3名が参加します。

2010/8/13(金)20時
   8/14(土)15時/19時(※)
   8/15(日)15時(※)
(※)の回はアフタートークはがあります

PRICE:予約¥2,300(当日¥2,500)

場所:RAFT(中野区中野1-4-4-1F)

●小川水素
http://blog.goo.ne.jp/suisoogawa
http://www.youtube.com/user/suisoogawa
作品:新作[arms]
出演:[小川水素Co.]坂本知子、湯浅燈、小川水素
腕の重さ、腕の遠心力、finger dance、どの指を動かす? 丸める、のばす、指先からローリング、指さきによって重力に抵抗する、一人で、2人でやってみる、手首をコントロールして。
Suiso Ogawa Co.:
からだの動きの「共通言語」を探るためのプロジェクト、[Homage to [a] Life] より生まれたダンスカンパニー。2010年設立。ダンス/動きそのものについての“探求”をテーマとしているため、創作はしばしば実験・研究・実行というスタイルをとる。観客・出演者・スタッフが同価値に存在し、ともに発見し、思考できるような舞台空間作りを目指している。

●川崎歩
作品:『回廊』 cloister
振付・演出:川崎歩 衣装:くげゆか
記憶の回廊を踊りながら辿ると、懐かしい匂いのする中庭に出るだろう。
記憶術としての振付で、映像の再生を試みる、そんなダンス作品です。
Ayumu Kawasaki:
関西在住。大学在学中よりビデオによる映像作品を多数制作。2001年から身体による表現を模索し始める。ダンスユニット「ミネラル」を経て、2006年よりカンパニー 「半熟目玉」を軸に作品を発表。山下残とともにアトリエ公演を定期的に開催。視覚的に捉えた世界の事象を身体の隅々で『実感』して、『共有』するために、様々な 『振付』の実験を試みている。

●池田拓実
http://i9ed.blogspot.com/
http://www.youtube.com/user/iqedat
音を並べる以外にも出来ることがあるのではと常々考えている。特にコンピュータを用いた演奏の観客には、演奏行為というか画面が見えないという問題が(良くも悪くも)存在する。そこで例えば物や動作、画面表示などを使ってみる。もともとプログラムというものを扱っているが、プログラムとは物事の手順を書き記した文章に他ならないので、そのように実際の物を動かしたり動作することもできる。とはいえ、いつでも思う通りに物が動くとは限らないし、プログラムもまた同様である(プログラムは書いた通りに動く、と言われる)。さらに最近では“意識は半秒遅れている”という話もあり、大変なことになっている。いったい誰が何を(何が誰を)演奏しているのかということである。人と物とはある臨時のシステムとして、共に渾然となって転がって行く、と考えるしかない。
Takumi Ikeda:
オーディオプログラミング言語を用いた音楽制作、およびライブを主として活動。パフォーマンスグループ「方法マシン」参加(2004〜06)、七里圭監督作品「ホッテントットエプロン-スケッチ」音楽に参加(2006/2009)、第4回AACサウンドパフォーマンス道場優秀賞受賞(2009、愛知芸術文化センター)。

RAFT http://www.purple.dti.ne.jp/raft/
ブログ http://raftspace.exblog.jp/
[PR]
by raftspace | 2010-08-07 13:25 | 企画

FOMALHAUT Live 「のわけくさわけ」

f0009805_11121322.jpg


− 「うた」の数だけ、旅がある−
風景について歌うポップス・バンド
FOMALHAUT Live 「のわけくさわけ」

2010年9月4日(土)・5日(日)
開場13:30 開演14:00
大人¥2,500 中高生¥1,500(小学生以下無料)
いずれもワンドリンクつき

会場 RAFT(中野区中野1-4-4 1F)

FOMALHAUTは、以前、RAFTでコンサートを開いて頂いた、
紫竹あかねさんがヴォーカルをつとめるバンドです。
独特な世界感を持った個性的なバンドです。
今回はメンバー勢揃いで、2daysのライブを行います。
なんと、2日間、全曲入れ替えとなっています。
両日とも、まったく別のライブ内容です。
ご家族連れも大歓迎です。

Vocal
紫竹あかね
Composed,Piano,Chorus,Ukulele,Djembe,Percussion etc..
酒井康志
Percussion
西としひで
Bass,Surdo,Pandeiro
松為伸夫
Guitars,Flute
神蔵治
Trumpet etc...
鈴木光介
Lyrics
高野竜




FOMALHAUT
http://sound.jp/fomalhaut_web/

お問合せ
NPO法人らふと tel 03-3365-0307
[PR]
by raftspace | 2010-08-04 11:11 | 企画

Dance/Nest vol.1報告

報告遅くなりましたが、Dance/Nestの第1弾が終了しました。この企画は若手ダンスアーティストの創作を支援するということで参加者を募集しました。

応募いただいた中から、山縣美礼さんと山下彩子さんのお二人を選びました。

今回、二人を選んだのは、提出してくれた作品コンセプトに強い骨格のようなものを感じたからです。そして、表現の指向が内にこもらずに、外に向いているように思えたので、お二人に参加をお願いしました。

一週間という短い期間でのリハ&公演でしたが、山縣さん、山下さん、双方、それぞれの表現を追求していただきました。

山縣さんは、身体にラップを巻き付け、それを徐々に剥いでいくなかで見えてくる「身体の有り様」を提示する、コンセプチュアルな作品を上演。

山下さんは、パワフルな動きで圧倒的な存在感を感じさせる作品を上演しました。

この企画を通じて、それぞれの表現の強度をさらに上げていき、外に向かって表現を発信していって欲しいなあと思います。お二人の今後の活躍に期待したいと思います。

そして、RAFTとしても、企画自体もっとRAFTの特性が出るような、RAFTでしか出来ないようなことを発信していきたいと思っています。

次回のDance/Nestは9月17日〜19日です。
参加者は入手杏奈、上本志保、さそうすなおさんの三組です。
詳細は近々お知らせします。

今回の公演の写真はデータが届きしだいアップします。

打ち上げのときの写真です。
f0009805_1751165.jpg

右から映像撮影の来島さん、山縣さん、山下さん、ひとりおいて受付をやってくれた関根さん。
おつかれさまでした〜。
[PR]
by raftspace | 2010-08-03 17:04

flat plat kitekite summer SP!!終了しました

f0009805_1942236.jpg


flat plat kitekite summer SP!!無事終了しました。
ご来場いただきありがとうございます。
今回は、全部で10組のダンサーが参加、
お客さんの動員もこれまでのFlatPlatで一番多かったです。
観客、出演者いっしょになって、ダンスを楽しみました!
夏だ〜、海だ〜、山だ〜、ダンスだ〜!!!

Kentaro!!
f0009805_19423215.jpg

服部未来
f0009805_19424054.jpg

るーずぱずーる<大谷悠・村田茜・吉田拓>
f0009805_1942582.jpg

佐伯美波×泊麻衣子/CRUSH THE TYMKS
f0009805_194311100.jpg

横山彰乃 from CRUSH THE TYMKS
f0009805_19432514.jpg

飯森沙百合×井上紘美×金澤百合子
f0009805_19433728.jpg

松浦羽伽子
f0009805_1943551.jpg

リハーサル写真:金子愛帆

おつかれさまでした〜
f0009805_19492294.jpg

f0009805_19491376.jpg

[PR]
by raftspace | 2010-08-02 19:54


オルタナティブスペース[RAFT]の日誌。企画のお知らせ、報告などをしていきます。


by raftspace

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

活動コンセプト
全体
企画
今後の予定
報告
スペース図面
スペース使用上の注意
機材表
アクセスマップ
周辺イラストマップ
連絡先
ホームページ
スペース利用料金表
スペース貸
コラボレーターの募集
スペース使用規約
そこにある身体シリーズ
井桁裕子個展
RAFTリーディングvol.2
小川×歌舞伎
山名たみえ×やまもとかずひさ
You Tube(映像記録)
未分類

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

お気に入りブログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
アート・デザイン

画像一覧