<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ICiT Dance Salon in RAFT 募集要項

9月19日(土)〜23日(水・祝)、ICiT Dance Salon in RAFTを開催致します。
この企画に参加していただけるダンサーを募集しています。
ご一緒にダンス・シーンの新たな可能性を探っていければと考えています。

以下詳細です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ICiT Dance Salon in RAFT
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2009年9月19日(土)〜23日(水・祝)@RAFT

《開催にあたって》

コンテンポラリーダンスという言葉は、表現手段の一つとしてのダンスをより身近なものにしました。様々な経歴、境遇から、多様な価値観と独自の手法でダンスを発信する作家が多く生まれています。

これは同時代に生き、独自の表現を追求し続けるダンス作家たちが、しばし立ち寄る自由な交流の場です。

いつの時代も表現者は孤独な作業と向き合ってきました。それは今も、そしてこれからも変わることはありませんが、真の意味で独自の表現を追求するとき、そこには客観性が必要になります。同時代の作家との交流は、そういった意味でとても有意義であると思います。そしてまた、同士と集うからこそ可能になることもあるのではないでしょうか。お互いに最も刺激的な批評家になるかも知れませんし、時に問題を共有し、協力して解決することができるかも知れません。すぐに何はなくとも、このような場を自主的に持ち、横の繋がりを形成していくことで、ダンス・シーンの発展に新たな可能性が拓かれるはずです。

自身の表現に自立した価値観を持つインディペンデントのダンス作家たちによる交流を楽しみにしています。今後、自由な発言・提案による「場」の展開が大いに期待されます。この企画の立ち上げと実現に尽力して下さったRAFTの勇気ある理解と惜しみない協力に感謝します。( ICiT発起人 code20xx )


《開催期間》
2009年9月19日(土)〜23日(水・祝)

《会場》
RAFT(中野区中野1-4-4 1F)

《スケジュール》
9/19(土)「ダンスサロン/1日目」14:00〜19:00
20(日)「フリンジ」Aグループ 19:00〜
21(月・祝)「フリンジ」Bグループ 19:00〜
22(火・祝)「フリンジ」Cグループ 19:00〜
23(水・祝)「ダンスサロン/2日目」14:00〜19:00


*「ダンスサロン」について

二日間のダンスサロンを開催します。

一日目(期間初日)の「ダンスサロン」では、参加者の自己紹介の意味も含み、グリーティングワークショップを行います。このグリーティングワークショップでは、参加者それぞれがWSリーダーとなり、各自10分〜15分ずつダンスWSを行います。ここでは全員がワークショップ参加者であり、リーダーです。各参加者の方法論を共有することによって、お互いを知ることになればと考えています。尚、ワークショップのリーダーは必須というわけではありませんので、リーダーをとらなくても参加は可能です。

二日目(期間最終日)の「ダンスサロン」では、参加者それぞれの問題意識を共有し、意見交換をします。そして、「フリンジ」の今後の内容やその運営などについてもアイデアを出し合い、次の「ICiT Dance Salon in RAFT」に繋げていきます。閉会後、クロージングパーティを行います。

「フリンジ」に参加する方は、この二日間の「ダンスサロン」に参加することが条件となります。


*「フリンジ」について

同時代のダンス作家の個々のオリジナリティーを尊重し、その作品や活動を広く紹介していきます。「ダンスサロン」における提案をもとに、オルタナティブで自主的な展開を目指します。

尚、第一回目となる今回は公募による公演形式とし、上演作品を募集します。


《参加定数》
◆ フリンジ:定数10組(1日:3〜4団体)*定数以上の応募があった場合審査あり
◆ ダンスサロン:定員30名

《参加費》
ダンスサロン二日間通し¥3,000(ダンスサロンは原則二日間を通しての参加をお願いします。)

《注意事項》
◎「フリンジ」は、1グループにつき3組〜4組の参加。
◎「フリンジ」に参加する個人・団体は、二日間の「ダンスサロン」に必ず参加してください。(参加決定時にダンスサロン参加費¥3,000の納入をお願いします。振込先は参加決定通知と一緒にお知らせいたします。)
◎公演時間は各自25分以内でおねがいします。
◎公演のチケット料金は1枚¥1,300での販売を予定しています。
◎公演の際の売上の一部(チケット売り上げ1枚あたり¥300)を各出演者に還元します。
◎各「フリンジ」公演後、アフタートークを行います。
◎「フリンジ」のリハーサルは公演当日に行います。
◎照明機材、音響機材はシンプルなものしかありませんので、公演の際は、それらをふまえた内容でお願いします。
◎照明、音響の際、複雑な操作が必要な場合は、各参加者でスタッフをご用意ください。
◎この「ICiT Dance Salon in RAFT」は参加者が主体的につくりあげる企画です。運営面でご協力いただけることがあれば、積極的にご協力をお願いします。(主に公演時の受付/宣伝など)

《応募要項》
◆下記事項を主催ICiTまでメールにてお送り下さい。
(1)氏名(カンパニー名、ユニット名などがあればその名称も)
(2)連絡先(住所/電話/メールアドレス)
(3)経歴
(4)ダンスサロンのワークショップのリーダーを(希望する/希望しない)
(5)参加動機
(6)同時代の作家と共有したい問題(サロンでのディスカッションの際、参考にさせていただくので、できるだけ分かりやすく詳細をご記入ください)
(7)その他(参加に当たってなにかあれば)
◆「フリンジ」参加希望者は以下3項目についても合わせてお送り下さい。
(8)参加人数
(9)公演希望日(第一希望/第二希望/とくに希望なし)
(10)上演時間

《応募締切》
◆ フリンジ:7月26日(日) *参加決定は7/30(木)までにメールにてお知らせします。
◆ ダンスサロン:9月13日(日) *定員に達し次第締め切ります。

《申し込み・問い合わせ先》(*)を@にして送信して下さい。
Email: ICiTdance(*)gmail.com(ICiT)

《共催》
■ ICiT -Independent Choreographers in Tokyo-
mail◎ ICiTdance(*)gmail.com
URL◎ http://www.ne.jp/asahi/no/sense/icit.html

■ RAFT
〒164-0001東京都中野区中野1-4-4 1F
03-3365-0307
mail◎ raft(*)ruby.dti.ne.jp
URL◎ http://www.purple.dti.ne.jp/raft/
[PR]
by raftspace | 2009-07-18 21:12 | 企画

レポート:MASKAワークショップ2日目

随分あいだが空いてしまいましたが、MASKAの二日目のWSのレポートです。textは一日目に引き続き宗方さんです。
f0009805_1823738.jpg

〜〜〜〜
二日目
Hanna Preuss/ハンナ・プレウス担当
今回はまず最初にハンナさんの仕事の紹介を映像で拝見する。そこには声
と感覚の探求・「旅」がひとつの製作ツールとしてあるということ・音と
は人間の精神の深部に密接に関わっているということなどを述べていた。
そのあとで、人間が生まれてはじめての感覚経験は音である。真理は往々
にして音から見出されることがあるなど、彼女の音に関する考え方を聞い
た。
そしてエクササイズとして、参加者に出されていた宿題の発表をする。宿題とは、音に敏感になり、日々の日常においてどんな音が聞こえたかを参加者全員から口頭でレポートしてもらうというものだ。
目覚めのとき、寝る前、深夜の静けさの中での音など、いろいろな「音」がレポートされた。それらの「音」に、ときおり冗談を交えながら自分の経験や趣向を話していくハンナさん。和やかな空気に包まれながら次のメソッドへと入っていく。

ここで彼女は3つのことメソッドを提示する。
1、反応
2、解釈
3、言葉(概念)
まず1の反応は、あまり考えず音の第一印象を即座に表すというもの。ハ
ンナさんは音といい関係を結ぶようにと言っていた。
引き続き2の解釈は、第一印象から再度、音を三回聴いて思考し、その音
をシンボリックな動きに起こすというもの。
最後の3の言葉(概念)は、音を自分なりの言葉にしてあらわすというも
の。
このような過程を経てあらわされた「言葉」を録音し、ハンナさんは作曲
をするらしい。とても楽しみである。(後日出来上がれば送ってくれるそ
うだ)各自の音への様々なアプローチはとても刺激的だった。
最後に、全員でマイクに並び、色々な音・言葉・を発する。その音は即時
にエフェクトをかけられ音響作品のようになっていくというインプロビ
ゼーションをハンナさんと参加者で行った。
こうして全2日間のワークショップが終わった。彼女たちが、RAFTで
の短い滞在はとてもよかったと後日言っていた。もちろん僕たち参加者の彼女たちが行ったワークショップのコンセプトや、音との関係性へのアプローチは、各自の様々な活動の今後に、いい刺激を与えてくれるだろう。
〜〜〜〜
text by 宗方勝
f0009805_18215879.jpg

「反応」 →「解釈」 →「言葉(概念)」というのは、いろいろな表現に応用できるかなあと思いました。ハンナが音によって人間の感情をコントロールできる、みたいなことを言っていたこが印象的でした。
[PR]
by raftspace | 2009-07-07 18:23 | 報告


オルタナティブスペース[RAFT]の日誌。企画のお知らせ、報告などをしていきます。


by raftspace

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

活動コンセプト
全体
企画
今後の予定
報告
スペース図面
スペース使用上の注意
機材表
アクセスマップ
周辺イラストマップ
連絡先
ホームページ
スペース利用料金表
スペース貸
コラボレーターの募集
スペース使用規約
そこにある身体シリーズ
井桁裕子個展
RAFTリーディングvol.2
小川×歌舞伎
山名たみえ×やまもとかずひさ
You Tube(映像記録)
未分類

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

お気に入りブログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

演劇
アート・デザイン

画像一覧